本文へスキップ

2013年3月21日NEWS

霞橋(横浜市)が開通しました。

 明治29年にイギリス発祥のリベットを用いたトラス橋梁で、当初、日本鉄道土浦線(現在の常磐線)の隅田川橋梁として架けられました。その後、昭和4年に神奈川県の新鶴見操車場の江ヶ崎跨線橋として移設し、利用されてきました。「神奈川の橋100選」に選定された後、「鉄の橋百選」や「日本の近代土木遺産」にも選ばれた歴史的にも貴重な鉄道橋で、この価値ある遺産を未来に引き継ぐ為、今回、神奈川県が霞橋として再生したものです。その霞橋の再製作と架設を北日本機械(株)が担当しました。
霞橋開通式① 霞橋開通式②